雑食的音楽と、日々の事いろいろ。
アラサー女のめくるめく小宇宙より。




タイ&ラオス旅行記:ジャール平原


ちなみに2週間の旅のまだ半分弱です。長いなー。
まあ後半は首都にうだうだ居ただけなんで、書く事少ないんですけど。
さーいってみよー(やっつけ仕事?いやいや)


何もないラオスでギリギリ観光地っぽい場所、ジャール平原へ。

はじめに寄ったツーリストインフォメーションには、弾頭がたくさん置いてあった。

c0190411_18201835.jpg



シェンクワンの中心地、ポーンサワンから車で20分くらいでしょうか。
ジャール平原に到着。

謎のでかい石壺が大量に散乱しています。
誰が何のために置いたのかは謎のまま。
壺=棺桶説があるそうです。
サイト1〜3とあり、我々は一番大きなサイト1のみ見学。
サイト2と3は、まだ戦争時の不発弾が残っている可能性があるとか。

サイト1で一番大きな壺。

c0190411_17491085.jpg


我々はガイドさんなしで行ったんですが、
ちょうど横に観光客団体が居て、ガイドさんを連れていたので、
どさくさに紛れてついて行く事に。

「壺の中にラオラーオが入ってるよ!」としきりに言っていたガイド氏。
"ラオラーオ"とはラオスのお酒ですな。


この洞窟で遺体を焼いていた説があるとか。

c0190411_17514043.jpg



"旅行中買ったむしちゃんのサンダルが3日でボロくなった心の叫び"を歌っていたら、
ガイド氏に「オモシローイ!」と言われ
「オモシローイ、カモーン!」とその後ユニット名をオモシローイにされていた。

壺だらけの平原と、爆弾が落ちたクレーターを見た後、
モン族の村、とやらに行った。


村見学、つてもモン族のご家族の方が住んでいる一軒の家でした。

c0190411_17591457.jpg


まー、普通に考えると、人んちを観光地にするって無茶苦茶だよなあ。


子供達は、日本でいう"ケンケンパ"みたいなので遊んでました。
地面に三角や四角を書いてケンケンしていた。

c0190411_1812343.jpg


というわけで、ジャール平原ツアーは昼前にあっさり終了してしまい、
バタバタだった旅がいっきにヒマヒマに。

とりあえずアイス食べに行きました。
素朴な味。ドリアン味とココナッツ味です。
1個2,000kip(23円)。

c0190411_18259100.jpg


ヒマなので、シェンクワンをぷらぷら散歩。
しかしシェンクワン、やっぱり基本的に何もない。


シェンクワンで見つけたあれこれ。
歯医者・・・すか?

c0190411_18214829.jpg



建設中で放置された建物がやけにあった。
日本で見る建設中の建物と何か違いますね。
そう、骨組みが木で出来てます。

c0190411_18224714.jpg



シェンクワンでナウなショッピングセンター。
お、吹き抜けが"ら◯ぽーと"っぽいじゃん。

c0190411_18235843.jpg


それでも時間を持て余したんで、
ゲストハウスに帰っておのおの内職をする。
むしちゃんは10日くらい分の日記を書き上げ、
私はシュシュを編んでいました。
暑いラオスで編み物。

内職中ずっと横で寝てたねこちゃん。
ほんっと何時間も寝てた。

c0190411_18272099.jpg


そうしているうちに日も暮れ、
がっかりな中華料理を夕飯に食べ、明日に備える。


シェンクワン、最初は息苦しかったけど、
だんだん居心地もよくなってきたもんだ。不思議。

明日はツーリストタウン、バンビエンに行きます。
旅行者が集って離れないというバンビエン、期待、してたんですが。。。


[PR]
by mimosala | 2009-06-25 18:33 | タイ&ラオス旅行記
<< タイ&ラオス旅行記:バンビエン タイ&ラオス旅行記:シェンクワ... >>


以前の記事
2013年 12月
2013年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

その他のジャンル

画像一覧